村松いえ松村です。

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

満員電車をも楽しむ

こんばんはー

 

 

 

今日も電車に乗っているときに、ふっと考えたことがあります。

 

 

 

 

 

人によって物事の捉え方が違っている

 

 

 

 

 

 

 

このことを示す例として「ルビンの盃」など、

一つの絵でも見方によって違う絵に見えるものが有名かと思います。

 

 

 

電車に乗ってる人は皆

同じような顔つきで、

同じような姿勢で、

同じような携帯を持って、

同じようなに携帯を触っています。

 

 

 

 

けど、この人たちは皆別人で、

それぞれの人を歩んできていて、

それぞれの考えがあって、

それぞれの理由があって電車に乗っていて、

それぞれのしたいことを

それぞれの携帯でしているのだと思います。

(そうは見えないけど。)

 

 

 

こういう風に考えていると急に

今この状態を、

この人たちの視点、感情で見たら、

どんな気持ちなのだろう不思議になり、

どれだけ頑張っても自分にはわかりっこない事なので、

強烈に興味が湧きました。

 

 

 

僕が今までに経験したことの無いような気持ちをその人たちは持っているかもしれないし、

僕が今持っている言葉では表現できないような考えを持っているかもしれません。

 

 

 

新しい可能性しか感じません!

 

 

 

視界だけが共有できてもダメで、

その人の人生、人生を通して経験した事、感じてきた事が

全て頭に入ってないと、人の人生を経験するなんてことは到底不可能で、

それって今後もどうやっても出来ないことな気がします。

 

 

 

 

 

 

いやーそれでも気になります。

人の人生、感情を経験できる技術ってないのかな。

 

 

 

 

 

電車の中はやっぱり面白いですね。

人が多ければ多いほど面白いです。

色んな感情(特に負の感情)がごったがえしてますから。

 

 

 

 

 

明日はどんなことに遭遇できるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

では。