村松いえ松村です。

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

自分の気持ちも大事なんだけど、熱意だけじゃ結局なんともならないよね、という話

こんにちはー

 

 

 

 

ここ最近同じことを思う場面がやたらに多いです。

 

 

 

それは

 

 

「人の気持ちを考えて発言、行動するのが超超超大事」ということです。

 

 

 

 

 

大事なことなので、もう一度言います。

 

 

 

 

「人の気持ちを考えることは、超大事です」

 

 

 

 

もちろん、自分のやりたい気持ちや、熱意というのも必要ですが、

人を動かしたい、人に何かをしてもらいたい、という時、

自分本位で自分のやりたいようにしても、うまくいきません。

 

 

 

 

相手がどういう心境なのか、状況なのか、

何を考え、何を感じ、何を欲しているのか、

自分が相手だったとしたら、どうされると一番うれしくなるのか、

考えて行動する、その姿勢がまず第一に必要なのだな、と思います。

 

 

 

 

 

そして、それらが分かるためには、常に関心を外に向けないといけません。

自分本位の考えから抜け出さないといけません。

 

 

 

 

ふと気が付くと、すぐに自分本位になってしまっている僕がいるので、

そんな事本当に出来るのだろうか、とも思いますが、

そんなことがわかるようになった自分を想像すると、

わりと面白そうでワクワクします。

 

 

 

このブログを読んでくださってる人がどういう心情なのだろう、ということすら想像できませんが笑

 

これはこれで、

こういううだうだ僕が思っていることを、何となく書いている雰囲気を楽しんでもらえればと思います。

 

 

 

 

 

では。