村松いえ松村です。

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

集中力が続かない7つの理由

こんにちはー

 

 

もう木曜日なのですね、

全くその感覚がありません。

 

 

という余興はどうでも良くて本題です。

 

今日は、家で勉強をしていて、勉強に向かえども向かえども返り討ちにされ、微塵も集中できない、自分の頭には「集中」という言葉はないのだろうか、と自分の集中力の無さに打ちひしがれていたので、なんで集中できないのか、ということを色々試した、

結果をちょっと共有していきます。

 

 

僕が集中できない理由

1机の上に勉強以外のものが置いてある。

2机付近にもなんか触りたくなるものが置いてある。

 

これら、結構集中を害するものです。ティッシュの箱、関係ない本、コップなどなど、

これらの勉強と関係ないものは容赦なく僕の集中力を削ぎ取ってきます。

 

 

更に、音楽なんかもかけてみるか、と試してみましたが、これまた醜悪の根源です。

3知ってる音楽だと、聞いてしまう。→知らないランダムな曲が良い。

4パソコンで流すと、それ以外のタブを開いて検索を始めてしまう。

 

なので、これらを加味して勉強中に音楽を流すとしたら、

携帯でyoutubeから音楽を流すのが良いのではないかという結論にいたりました。

(僕の携帯だとyoutubeを再生し続けるには、他の画面を開けないため。※ダブルスクリーンにしない場合)

 

けど、ランダム性を重視するならSportifyとかも良いと思います。

 

 

こうした外部環境は結構集中力に関係しているなーという印象だったのですが、

もちろん、取り掛かる勉強の内容自体も、大きくかかわっています。

僕が気が付いたのは、

5僕は内容、問題の実際の難しさというよりも、文章が長いとか、ややこしそうという第一印象がよくないと、逃げ腰からの作業開始になる傾向があり、その時点で負け戦が始まります。

6答えが分からないと、答えを見るのも嫌だから違う事をしてしまう。

7答えが間違っていると、見直すのが面倒になり、集中力が一気に低下する。

 

ということです。

 

これらを解決するために、まず、難しそうなものに取り掛かる前に、

集中力を高める、勉強に向かっていく姿勢を整えることが大切です。

そして、それをうまく持続するためにどうにかしないといけないのですが、

この方法は、またこれから考えていくことになりそうです。

 

色々試めしていきます。

 

 

では。