思ったことをつらつらと

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

我々は休みに休まされてはいないだろうか

こんにちはー

 

 

 

 

GWも後半戦にさしかかってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

わたくし気が狂ったように電卓をはじき続け、合わない数字に発狂を続ける日々でございます。

 

 

 

 

 

そして、家にずっといてはなかなか勉強出来ないため、

外の空気でも吸いつつ勉強しようかと思い、外に出るのですが、

いつも思う事があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人多すぎだろおおおおおぉおぉぉぉぉぉぉ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ人がゴミのようにも見えるだろっていうくらい人がいます。

 

 

 

 

まっすぐ直進をすることも許されなければ、

単純に歩き続け、等速直線運動を行うこともできません。

 

 

 

 

 

何なんだこの人の量は、なぜこんなにも人が多いんだ、と考えたところ

原因を一つ思いつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日

 

 

 

 

 

 

 

そう諸悪の根源はこいつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「何を言っているんだこいつは、休みなのだから外出するのは当たり前だろう。

電卓はじき過ぎて気でも振れたかこの気〇いめ。」

 

とでも思われたであろうか。

 

 

 

いや、私は電卓のはじき過ぎではあるが、断じて気は振れてない。

 

 

 

では、なぜ私の気が狂っていないのか説明していこう。

 

 

 

 

「休日だから外出しよう!」と思う人の頭のなかは、以下のようになっている。

 

 

 

 

 

 

 

休日→時間がある→外出!

 

 

 

 

 

なるほど納得、確かにその通りだ。

普段は色々忙しくて何もできないから、

24時間という猶予を与えられた人間はお外に出たくなってしまうのである。

 

 

 

 

だが、ここで一歩立ち止まって考えてみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が休みの日にしか外出してはいけないと決めたのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、我々は別に24時間自由時間がないと外出してはいけないわけではない。

例え時間がなかったとしても、外出したい、と思えば外出すればいいのだ。

 

 

 

 

ご飯が食べたいと思えば食べれば良いし、

寝たいと思えば寝れば良いのと同じで、

外出したいと思えば外してしまえば良いのだ。

 

 

 

つまり、私の中で「外出したい人」の頭の中はこうなっている。

 

 

 

 

 

 

外出したい→外出

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ外出のしたい欲に侵され、狂ったように外出するやつと化してしまえばよいのだ。

 

 

 

 

 

したいときにしてしまえば休日だろうが関係ないし、

むしろ普段から外出できているなら、

休日は「混んでるしうちにいとこうか」くらいに思って、

家でゆっくりしていればいいではないか。

 

 

 

それをどうして休日になった途端に、外出したくなってしまうのだろう。

 

 

 

 

私の中での結論はこうだ。

 

 

 

 

 

 

皆、外出したいから外出しているのではなく、

 休みに外出を強いられているのである。

 

 

休みだから外出している人が多い、

それは、皆外出したくてしてるのではなく、

「休み」という存在に外出をしたく思わされてしまっているのである。

 

 

 

そうでもなければ、

こんなに人がわんさかいる中に飛び込んで行こうとは思わないはずである。

 

 

 

 

 

 自らの意思を持って行動するのだ。

 

 

 

 

 

休みだから外出しているそこのあなた、目覚めましょう、そして自分の意志にしたがって行動しましょう。BY休日に自分が空いてたら嬉しいから勝手に都合の良い持論を展開するやつ。

 

 

 

 

 

では