思ったことをつらつらと

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

一時間だけの労働を提供して得たもの

こんにちは

 

ことは、昨日、友人からこんな画像が送られて来たところから始りました。

f:id:mtmrhrnr:20180709141556j:plain

 

こちら、私が一番好きなラーメン屋さんで一時間だけのお手伝いさんを探しているよ、という求人?です。

 

 

 

くそニートと呼ばれている私ですから、こんなおいしい話はございません。

何せ一時間の労働でご飯を恵んでいただけるのですから。

 

 

 

 

ということで、早速okと返事をし、先程働いて参りました。

 

 

 

 

直接は話しておらず、友人を通しての予約(本当に良いのか⁇)でしたが、

welcome welcomeと言う感じで、

店に入って3分も経たないうちに調理場へ入れてもらいました。

 

 

主にやったことは、洗い物、机の掃除、コップの補充など

まあ何も教えなくてもできるような仕事ではあったのですが、

お客さんが食べているところや、返却された食器をみたり、

働く人達が限りなくいつもと同じ状況で仕事をするには、

どうしたら良いだろう、と色々考えながら仕事をしていたらあっという間の1時間でした。

 

 

1時間と限られた時間で働くからこそ、

その中でできる事も限られてくるけれど、

その中でどうやったら少しでも貢献できるか、

何かもっとできることないか、と考えながら働けるなと感じました。

 

 

シフトみたいに必ず出なくてはいけない、店の都合に合わせなくてはいけない、

といった無言の圧力を感じる事もないところが、私には丁度合っている気がします。

 

 

 

こういう労働形態が他にもあったら面白いのではないかと思います。

 

 

 

また、働きたいものです。

 

 

 

 

では。